ピアノの弦の張力は1本あたり80kgとも90kgとも言われております(テニスラケットのガットの張力が20kgくらい)。1鍵盤あたり1~3本の弦がありますのでトータルの張力は数トンにも及びます。

そのため弦は時間の経過とともに緩んでまいります。ギターやバイオリンであれば奏者自ら調整いたしますが、ピアノは専門の技術者が調整致します。それがピアノ調律師です。

一般的に調律とはこの調弦のことを指します(調律料金はこの作業についての料金になります)。

調律師の仕事はそれ以外に整音といって音色の調整(ハンマーフェルトの堅さを調整することで変える)や整調といってハンマーアクション機構の調整(アクションを調整することでタッチを変える)や修理(弦張り替えや傷補正)などがあります。

「技術」と「経験」がものをいう職人の世界ですので弊社のピアノ調律師・井海田昭栄までご用命ください。

電話048-521-1284までご連絡ください。

アップライトピアノ グランドピアノ
基本調律料金 10,000円(税別) 12,000円(税別)
出張料 0円~遠方の場合ご相談ください。
その他費用 3年以上調律していないピアノは割増になるときがあります。

埼玉県大里郡市、児玉郡市、比企郡市、北本市、桶川市、羽生市、幸手市、川島町、川越市、秩父市、長瀞町、皆野町、群馬県太田市、伊勢崎市、館林市、邑楽郡、茨城県古河市出張料無料です


よくある質問

Q.他のお店で買ったピアノなんですがやっていただけますか?
A.もちろん喜んでやらせていただきます。お買い求めいただいたお店でやらなくてはいけない理由はありません。中には経験が少ない技術者が来てトラブルになることもあります。
Q.他の方に調律をやっていただいていたのですが大丈夫ですか?
A.もちろん喜んでやらせていただきます。前の方と比較されるかも知れませんが自信ありますので・・(笑)
Q.電子ピアノなんですが調律した方がいいですか?
A.残念(?)ながら電子ピアノに調律は必要ありません。
Q.長いこと調律をやっていないピアノは何故料金が高くなるのですか?
A.長い期間調律を行っていないと音程が下がりすぎて、1度の調律では本来の音程にならないから時間が掛かります。作業を続けて2度、3度行う必要があります。そのため割増料金になります。また、ハンマーフェルトが柔らかくなっていたり、虫が食っていたり、アクションが動かなくなっていたりしますのでそれも別料金となります。